読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White Noiz

諸々。

Comedy Of The 13 + α

Google+上のコレクションで「XMまたぁ?」として以前やっていたIngressのコント風なネタをリニューアルしてやっていく事に決めた。

以前は単なるネタモノとして笑いを取りに行っていたのだけども、今回はちょっと狙いは違ってて、笑いを取りに行くものもあるけど「バックストーリーを分かりやすい読み物として落とし込む」というものだ。

これによって少しでもIngressの非常に厨二病チックな魅力あふれるバックストーリーに親しみを覚えてくれる人がいるといいなぁ、とか思いながら。

問題は「継続できるか否か?」という点だけど、まぁ、なんとかなるでしょう。たぶん。

 

https://plus.google.com/u/0/collection/IhK_SB

 

 

内容はだいたい「会話形式」で進み、ラストにくだらないオチをつけるというもの。

例えばこんな感じだ。

HUMINT IMG 6882

ADA「なぁ、なぁ、シャッポー」

PAC「ん?どないしてん?」

ADA「こないだどっかからパクってきた写真あるやん?」

PAC「どれ?」

ADA「あぁ、アンタの写真パクって来たヤツばっかやった」

PAC「なんやねん、人聞きの悪いw」

ADA「Magnus Reawakensの機械作ってるみたいなん?」

PAC「あぁ、あれな。アレは某XMに関する膨大な知識を有する連絡先からのHUMINTやな」

ADA「アンタ、HUMINT言うたかて、これ読んどる人には分からんやん?」

PAC「解説はここな。 https://goo.gl/Q9GJmh

ADA「そうそう、そんな感じで親切第一や。ほんで、あれ、一体なんやってん?」

PAC「ADAでもわからんか?」

ADA「そらわからんわ。アタシ、今ENLの手で骨抜きになっとるしな」

PAC「せやったな。ほな説明するわ」

画像参照のこと。

Arduino Yumってこんなの→ https://www.switch-science.com/catalog/2210/

ADA「何気にテクトゥルフモジュールあるやん?」

PAC「せやな」

ADA「Magnus Reawakenにテクトゥルフ使うんかいな。また剣呑な話やな」

PAC「せやろか?使い方次第では安全に使えるんちゃうか?」

ADA「それ、核開発でもXM研究でも使い古されたセリフやな」

PAC「まぁなぁ。せやけど、XM研究自体が行き詰まってるとも言えるし、これが打開策になるんちゃうんかいな」

ADA「せやったらええけどな」

PAC「1年ちぃっと前まではアンタがそれそのものやってんけどな」

ADA「せやったな(しろめ」

PAC「本日のおまいう一等賞やな」

ADA「うるせーw」


元ネタ: http://investigate.ingress.com/2017/04/01/humint-img-6882/ 

 

f:id:Noizache:20170403213902j:plain