読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White Noiz

諸々。

本日も朝から家事に勤しみ(ほとんど掃除)、暑くなってくる昼頃には気晴らしにスクーターでちょいとひとっ走り。どこに行くかね?と考えたが、暫く行ってない東へ。田主丸から八丁峠抜けて桂川から帰ってきたやないかいとかいうツッコミはナシでお願いしますw w w アレとは少々異なる「東」。国道386号線を東に、つまりは筑紫野から大分県日田へ向かうルートであります。

このルートは学生時代、ZZR400に乗って九酔渓によく行ってた思い出のルートです。三輪町を過ぎ、甘木を抜け、原鶴温泉を通り、日田を突っ切って、天ヶ瀬の温泉に後髪を引かれながらの行程は、きっと若かりし頃の自分に出逢うのではなかろうか!という些か年寄りじみた発想なのが残念なところであります。

そして、出発していきなりぶち当たるGWの渋滞苦難。覚悟はしていたものの、太宰府インターチェンジを過ぎた辺りから既に渋滞しており、かなりうんざり。周囲にちらほらと見かけるツーリングしてる人達を羨ましいと思いながら国道三号線を南下。途中、君畑の交差点でKawasakiのXANXUSを見かけました。うぉー、すげー、まだあのバイク乗ってる人いるんだ。XANXUSとZZR400迷ってZZR400にしたせいで、あのバイクは今でも心に残ってたりする。

針摺の交差点を左折して国道386に乗るも、やっぱり渋滞。この時点でやや心が折れかける。暫く祝祭日を休みにしてなくて、平日に休みを満喫してた輩の副作用がこんなところで( ̄▽ ̄;)

筑紫野市を抜けて、筑前町に入る。かつては三輪町と呼ばれてた辺りだ。渋滞にうんざりしながら、ふと横を見ると公共施設に「大藤」の二文字と綺麗な写真が。藤か。ちょうど季節だな。というわけで、速攻で浮気して筑前町の大藤を見に行くことに。こういうところがソロツーリングの素晴らしいところである。いきなりUターンかまして気になった場所へと向かっても誰からも文句を言われない。

国道386号線にでてる「藤の里公園」の看板を目印に右折して進む。ん?どっかで見たような景色……。辿り着いたのは上高場。あれ?ここって時々行く温泉「カルナパーク花立山」の近くじゃねぇかよ!!www普段使ってるのとは全く別のルートから入ると意外な場所に行き当る。これも旅の醍醐味である。こうやって脳内の白地図は埋まって行くのである。今回のはちょっと方角に齟齬があったため、かなりの修正を強いられる事になったが、それもまたよし。

で、つきました。藤の里公園。
f:id:Noizache:20170504201630j:image

周囲は田んぼです。のんびりした田園風景が広がり、ちょっと遠方に大刀洗の(本当は筑前町らしい)掩体壕が見える。マジかー。こんな所にも藤の名所あったんかー。近隣の藤つったら八女市黒木町とか小郡市の将軍藤くらいしか知らなかったぜー。

以下、筑前町の大藤写真が続きます。
f:id:Noizache:20170504202601j:image
f:id:Noizache:20170504202616j:image
f:id:Noizache:20170504202631j:image
f:id:Noizache:20170504202645j:image
f:id:Noizache:20170504202725j:image
f:id:Noizache:20170504202713j:image
f:id:Noizache:20170504202751j:image

小郡市の将軍藤と同じで、藤の木は1株です。なので規模としてはそこまで大きくありません。が、たった1株であることを考えるとなかなかの規模です。神社の境内にあるのですが、割と有名らしく駐車場も10台は停める事ができる規模の場所が確保されてます。タコ焼きやお餅、ポップコーンなどの出店が地元の婦人会らしき人達の手で立ってました。

カルナパークでひとっ風呂浴びて、昼食を録って帰る事に。お昼は小郡市にある麺屋GAGAでラーメンを。
f:id:Noizache:20170504203341j:image

水餃子もつけて。 
f:id:Noizache:20170504203404j:image

INGRESSのハングアウトで飯テロしてたら、水餃子の写真上げてないのに、GAGAって特定されて流石にワロタ。小郡ラーメンの辛みそ恐るべし。