読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White Noiz

諸々。

Deeper - 2

参ったね。こりゃ。
オレは黙って両手を上げる。もちろん、無抵抗だから撃つなよという意思表示だ。
「身の回りのもの、使えるものは全部武器にしろ。でしたっけ?隊長?」
にっこり微笑んでいるものの、目は全く笑ってはいない。そしてオレの胸にポイントした照準もまったくブレもしない。
隊長……ね。
「まぁた、懐かしい台詞を引っ張り出してきたもんだな」
口の端を釣り上げてニヒルに笑ってはみたが、果たして挑発としてどれほど効果があるのか。
「そーですよねぇ。あれからもう8年ですか」
8年か……。戦場を駆けずり回ってたあの時からもう8年ね……。
「けど、女に弱いのは相変わらずってことですよね?」
微動だにしない銃口を意識しながら女の表情を読み取る。
「性格はそう簡単には変わりゃしねぇよ。お前も相変わらずあざとい手を使う」
憎まれ口を叩くのと同時に情報を引き出す為の会話。残念ながらこの美女が誰なのか、オレにはまださっぱり思い出せずにいるのだ。
「あら。本当に思い出せたんですか?」
少しばかり意外な表情。ということは、記憶の埒外にあるだろうという想定で仕掛けてきていたということか。
「もちろんだ」
これ以上の会話はヤブヘビというヤツだな。
もっともらしい表情をしながら、座ったままで椅子を少しずつ後ろにずらしていく。
気づくかなぁ?気づくんだろうなぁ……。
銃口がぴくりと動く。なるほど。
「座ったままはお嫌いですか?」
ほら、やっぱり気づいた。
「緊張し過ぎるとタバコが吸いたくなるんだ」
「タバコ?」
女の形のよい柳眉が不均等に釣り上がる。
「以前はタバコなんて吸わなかったのに?」
なるほど、オレがタバコを吸い始める以前のお知り合いってわけか。
「そりゃ8年もすりゃ小学校にいたガキだってタバコを吸い始める歳になるさ」
女は疑わしげにオレを見ている。
「タバコくらい吸わせてくれよ。最後の一服くらい許してくれたっていいんじゃないのか?」
気まずい沈黙の後、女はようやく表情を柔らかくした。
「ま、いいか。タバコぐらい」
その『タバコ』が命取りなんだけどな。
オレは心の中で舌を出す。
「タバコはどこにあるの?」
「冷蔵庫にひっついてるマグネット式の壁掛けボックス」
女はオレに銃口を向けたまま、冷蔵庫を振り返る。
おいおい素人かよ。ターゲットから目を離すんじゃないよ。
右手を動かそうとした瞬間に銃口がオレの右手の方に定まった。
何だ?こちらを見てもいないのに?
右手をそっと元の位置、顔の右側にあげる。銃口がオレの胸のど真ん中をポイントする。何事もなかったかのように先ほどの状況に逆戻りだ。
冷蔵庫の扉にちょこんと張り付いているマグネット式のボックスを見つけた女は、無造作に冷蔵庫の前にたどり着く。銃口はオレを向いたまま銃を左手に持ち替え、右手でマグネット式のボックスを冷蔵庫から引き剥がす。
「これ?」
金属製のボックスを右手で軽く持ち上げて、重さと中身を推し量るように軽く振る。
「それ」
「ライターは?」
「その中だよ」
女は頷いてボックスをオレに放り投げる。
オレはそれを左手で掴む。
「吸っていいか?」
「どうぞ」
軽く首を傾げながら、用心深く銃を右手に持ち替えて構え直す女。
ホールドアップの姿勢のまま左手の親指で蓋を弾く。ボックスの中にあるタバコの香りが12畳のダイニングキッチンに微かに溶け出す。こちらも女から視線を外さずに、テーブルの上で箱を逆さまに。自分で葉をブレンドした紙巻のタバコ数本とライターが転がり出た。
ゆっくりと左手でタバコを掴み、右手でライターを取る。このライターが火炎放射器か何かだったらジェームス・ボンドになれそうな気もするが、残念ながら現実はそんなに甘くない。こいつはただのライターだ。本命はタバコにある。本命にたどり着くまで下手に相手を刺激しない。確実な一手を掴むまでは。
タバコを口に咥えて火を点ける。ゆっくりと煙を吸い込む。本命を手にするまで約10秒。時間が掛かり過ぎるのが奥の手の難点だ。
タバコの葉に混ぜ込まれたトリプタミン系薬物から派生した向精神効果のある特殊人口化合物ー通称DEEPERーは5年前から起こった北朝鮮崩壊を引き金とした東シナ紛争の最中、最前線で戦う兵士達の間で流行り始めた。その製法も流通ルートも不明。当初は戦場の恐怖を克服するための向精神薬として服用されていたが、その後特定の体質を持つ者にとって強烈な副作用がある事が判明し、2年前に規制対象となったものだ。
その副作用はアレルギー系の拒否反応を引き起こした者の八割を死に至らしめるほど過酷なものだった。しかし、この拒絶反応を掻い潜った者達には多様な特徴が見られ始めた。ある者は異様なまでの怪力。ある者は動物のような俊敏性。そのような者達の中には戦場において恐るべき戦果を挙げた者達もいた。謎だらけのクスリはやがて軍が前線の兵士達を薬物強化兵開発の実験台にしたのではないかという噂まで流れた。だがしかし、その真相は……。
DEEPERがDNAの中に眠る太古の記憶を呼び覚ます。
チリチリと産毛が逆立っていくのが分かる。
女がオレを凝視している。表立って変化が現れるにはまだ時間が早過ぎる。何を視ている?まさか……知っているのか?この奥の手を?